ナガイマ


とりあえずぱくってみっか!
by wonder777seven
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
PR

カテゴリ:未分類( 153 )

導かれるということ

昨日はとてもとても素敵な出来事があって、人が人と繋がっていて、それが僕に対しての優しさなのか、
それとも何も考えていない天然なのかはわからないけれども、ふわふわとした気分だった。
僕は偶然だと思っていたけれどもそうでないのかもしれない、そうだとすると僕はもっと人に感謝をしなければいけないのだろう。当人にとっては軽い気遣いのような事が人を大いに喜ばせる事があるのだと信じれると思った。
[PR]
by wonder777seven | 2012-10-04 00:12

ちづのお姉ちゃんみたいに

純粋であることは不純であることより罪であることもあるだろう。
荒んだ心の私が思い出したのは「ぼくらの」の本田千鶴のお姉ちゃんだった。
広い心という言葉では陳腐なのかもしれないけれど、優しさのだなと。

しかしながら私は頭ではわかっていながらもどこかでどのような顔をして良いのかわからずに
ただおくびにも出せない。千鶴のお姉ちゃんにはなかなかなれそうもない。

新橋で仕事終わりのサラリーマンに声をかける占い師達。何万人と占ってきたと客引きの男が宣伝していた。
私にはどうにもこうにも声をかける雰囲気が無く、よっぽどお金が無さそうか、必要としてなさそうにしていたのだろうか。

いずれにせよそろそろ時間なのに心は何も決まらずただ時間が過ぎていくのです。まったくもってどうするべきかわからない。
[PR]
by wonder777seven | 2012-05-31 23:59

いつの日かこんな想いも忘れてしまうのだろう。

久しぶりに何かを書きたいという気分になる。
ここ最近の私は精神状態も良くなく、こんな感じでうつ病になるのだろうな、などと思っていた。
この閉鎖感が漂う毎日の中でまるで自分が人形や道具のような気分にさせられる事実に直面し、
いざそうでもよいかと思っていたのに、実際にそうなるとなかなか折り合いをつけるのは難しい。

私がこれまで私だったようにこれからも私でなくては行けないことに対する絶望を感じ、それでもなお生きていかねばならないのかと思うと少々つらい気持ちになる。そして私は本当は誰かと居たいのに誰とも居たくない気持ちになる。

あぁ私は久しぶりにこんな気持ちになり、しかしそれはもう十代のそれとは違うし、明日はやってこないのかもしれない。兎に角、この漢字も腹が立つような気持ちになるが、ここに居ても誰も助けにきてくれやしないのだから、お金貯める事は忘れてどうにか楽しくやりたいもんである。
しかしその方法がわからない。いや方法はわかるがもう手段がないのかもしれない。

まだ僕は続いていけるのだろうか。
[PR]
by wonder777seven | 2012-05-28 23:02

メリークリスマス

鉄のフライパンを買った。油で馴染ませて暖める、そして調理用の油を注ぐ。その油が鉄にしみ込み、熱をさらに優しく伝えるようになる。今日初めて使ったフライパンはすぐに焦げをつけたが、それが積み重なってやがて中華料理屋の厨房にあるようなフライパンへと変わるのだろう。その日まできちんと使ってあげるのが大切な事なのだろう。
クリスマスプレゼントにはミルクポットをもらった。シリットというドイツの調理器具メーカーだ。ドイツ製のピーラーも買ったがこれまた切れ味が良い、恐るべしドイツ人。

ここ7年くらいはクリスマスに何をしていたかきちんと思い出せる。6年前は確か一人で大阪で写真撮って歩いてて、吉野家で牛丼食べた。いちいち思い出せる。
[PR]
by wonder777seven | 2011-12-27 00:40

僕らは静かに消えていけるだろうか。

あっという間に冬になった。やりたい事や欲しいものは沢山あるが、どれにも手をつけず意味のない事を繰り返している。日々の作る料理に頭を悩ませている。作りたいものを作って行く事には強い意志が必要なのである。料理は面倒臭がってはいけない。全ての工程には意味があり、ひとつひとつ丁寧に扱ってあげれば良い。
鉄のフライパンを買おうとしている。火加減は今のフッ素加工のものに比べたら大分難しくなるが、火が万遍無く通ることと、火力を考えると鉄しか選択肢がない。ともかく強火で水分を飛ばしてあげたい。
[PR]
by wonder777seven | 2011-12-13 00:42

届かない想い、灰色の水曜日

毎日、毎日夢を見て精一杯生きて行くんだ。誰かに想いを届けたくて、僕はあなたに何ができるだろうかを考えて。素晴らしい、涙が出るような、キラキラした、そうゆうものであるべきなのだ。

[PR]
by wonder777seven | 2011-12-05 00:32

ソテツに精子ありき

我々には生死ありき。いや精子ありき。
終わりゆく青春にちゃんとさようなら。
[PR]
by wonder777seven | 2011-11-24 23:59

土手、川縁について

土手を歩くのが好きだ。川を眺めながら緑道を歩く。ススキが白く、黄色く見えて遠くからみていると綺麗だ。
今日あなたとあるいた土手を僕はきっと忘れないだろう。あなたにとってはなんでもないような風景だったかもしれないけれど、僕にとっては鎌倉に旅行に行くくらい楽しい時間だった。ありがとう。

今日友人にそうゆう事を伝えたかったのに声に出すと「土手に行った」としか言えなかった。
僕はやっぱり、それが鎌倉に旅行に行くぐらい楽しい事だったって事をどうにかして伝えたいのだと思った。
[PR]
by wonder777seven | 2011-11-21 00:16

いや、滅びるね

タイトルは三四郎が汽車の中で言われた一言から。
昨日気付いたんやけど、あー世界は滅びる、滅びて行くんやなって事。
当たり前の事、に気付いた。
150年前が江戸時代やったって凄いでしょう。地球の歴史が46億年あって、
そのうちの150年のスピード感がやばい。
形あるものがいづれ朽ちていくのはどうしようもない事やとすると、
日本も、世界も滅びて行くのが自然だと、
そしてそれはそう遠くないのかもしれない、
と江戸時代からのスピード感を考えて思ったのです。

だから救いたいとかそうゆうのはなくて、
ただ自然に終わっていくこと、その中で当たり前に生きていくって事なんだろうと感じたのであります。
ただ流れに身を任せて、うまく身を任せて行く事。
そんな事を思った。

パトリック・ツァイのHPで写真見れるけど、やっぱええなぁ。
[PR]
by wonder777seven | 2011-11-07 00:25

ブリ食べたい

久しぶりにaikoを聞いてみた。寝る前の少しの時間。
7年も前になるのか、しかし7年前と変わらない気持ちになる事ができたのだった。
少し、今まで聞いた事のない歌を聞いてみよう。
僕はいささか同じ曲やアーティストを聞きたがる傾向にある。良い歳してそんな事していると時間が流れている事に気付きやしない。

朝は気分がいいからついつい鎌倉なんぞに行きたくなってしまう。最高じゃない。
[PR]
by wonder777seven | 2011-11-03 00:46


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧