ナガイマ


とりあえずぱくってみっか!
by wonder777seven
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
PR

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

また思い出す。

結局いつもどう生きて行くかを考えて、悩んで、また生きていく。
どうしたらしあわせになれるのだろうか、と。

もしお前が深く考えないで生きているようならきちんと考えた方がいい。当たり前の事だから。
そんでそれは何でもいいはずだ。

社長になりたいとか、良い家に住みたいとか、そんな事でも。

それが本当に、本当にしあわせと思えるなら。

お前の人生だから、好きにすればいいのだ。
それを考えるだけで目の前の風景は意味をもって重く色づくだろう。
木々が流水が花が雨がモノレールが電車を待つ少女が。

そして当たり前の事に気付く、自分の周りには人がいて、それがしあわせとは不可分だという事に。


あぁ、想いを伝えたい。
想いってなんだ?
誰に対して?
どんな?
想いは写真になるのだろうか。

あなたが青い世界を美しいと言ってくれて僕はとても嬉しかった。
[PR]
by wonder777seven | 2011-06-28 01:53

シュークルートとコインランドリー

引っ越して10日が過ぎた。それなりに生活の基盤は整ってきて、部屋は汚いままだけれど、生活はできている。今住んでいるここは仙川に比べると本当に何もない。近くを通るモノレールがセンチメンタルな感じにさせる。あれはなんか、東京感がある。
そういえば家を探している時、そのモノレールを上から見下ろすような8階の部屋も候補にあがった。
そこは光がばしっと差してきて、眺めるモノレールや町並がよかった。多分、夕方の良い時間に行ったせいもあったろう。そう、それは五反田のあのやや上を通る山手線のむき出しのホームのあの感じに似ている。そして僕はあれが大好きなのだ。

スーパーに向かっている途中や洗い物をしている時、考える事、愛する事を忘れないようにしようと思っている。愛とは何だろうか。そんなものはあるのだろうか。このくそ重い想いとやらは。
c0176427_04410.jpg

[PR]
by wonder777seven | 2011-06-14 00:04

星降る夜を見ている

ついに明日でこの街、仙川とお別れかと思うと寂しい気持ちにさせられる。
二年もいて行く場所はやっぱり決まっていたし、いつか行こうと思っていた店は結局いかなかった。あのコーヒー屋もいつからか行かなくなってしまった。

ほとんどの荷物は段ボールに詰められ、部屋いっぱいになっている。というか寮の外までやや出ている。来た時よりも確実に増えただろう。いらないものを溜め込んでは積むことは良くない。この二年で一度も使わなかったものはきっとすぐにでも捨てるべきなのだ。
しかし映画や美術館の半券をいつまでも残しているような男が簡単にものを捨てられるわけもない。

いや、新居ではきっとすっきり物の少ない生活を送ることを此処に誓う。

あぁ、あぁ。
[PR]
by wonder777seven | 2011-06-03 00:40


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧